スポンサーリンク

映画SINGシング感想!ヒット曲を用いた可愛いかっこいい劇場の物語

3月17日より全国で劇場公開されたばかりのアニメ映画「SINGシング」

こちらを鑑賞してきたので、あらすじや内容、鑑賞後の感想などを書いていきたいと思います。ミニオンズ系統の作品なので非常に楽しみにしていましたが、鑑賞してよかった映画だったと思います。

※本記事には映画内容とラストのネタバレを含んでいますこれから鑑賞を楽しみにされている方は記事を読まないように注意してください。また感想などは個人の観点なので人によっては受け取り方が異なることをご了承ください。

映画SINGシングのあらすじ

↓英語版

数々のヒット作を輩出してきたムーン劇場。そんなムーン劇場も経営難でバスターはいつも銀行から電話がかかってきている。

そんな経営難を打開しようと身の回りにあるものをかき集めたものを賞金とし、素人を発掘する歌のオーディションを開催。多数の応募者の中から選考をし、残ったのは25匹の子ブタを育てるママ、自分に自信がないゾウなど・・。

いろいろな困難がおそうが、ママブタ、ゾウ、ゴリラなどもそれぞれの悩みや思いを抱えていた。共通の歌うという点で互いが助け合うストーリーです。

 

映画シングSINGを観て良かったと思ったポイント!!

・有名な曲を使用した場面が多いので、思わずノリノリで歌ってしまいそうになる
・それぞれの動物たちの性格もキャラクターに反映されている
・最初から最後まで楽しい
・感動的なシーンもある
・聞いたことがある曲を映画館のシステムで鑑賞できるので迫力がある

ママブタがとても良かったです。とにかくキャラクターが可愛い!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シング – オリジナル・サウンドトラック [ (アニメーション) ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)

歌うシーンも満載でゴリラが歌うシーンもあり、吹き替えでは日本語で歌われており原曲のままの方がいいと思ったシーンも多少はありましたがそこも含めて悪くはありませんでした。

↓吹替版

チャウチャウのアイドルのようなグループが何度も登場し、きゃりーぱみゅぱみゅの曲で踊るところは面白く、中国人の素質のような設定も興味深かったですね。

音楽のヒット曲がいくつも出てくるところが楽しい要素でした!

 

映画シングSINGのラストのネタバレ。クライマックスはこうなる!!

この部分は映画のラストのストリーの重大なネタバレですので閲覧注意です!!

バスターの友人のおばあちゃんがかなりのお金持ちで、そのおばあちゃんはムーン劇場全盛期の女優で今のムーン劇場にはかなり呆れ興味はありませんでした。

しかし、バスターが開催した二度目のオーディションに客として招かれたとき、トラブルがあり銀行からムーン劇場の土地を差し押さえられてしまいます。

落ち込んだバスターとまたオーディションをしようとママブタたちが再結成し、ムーン劇場の土地に新たにステージを作って、それぞれ歌っていきます。銀行から差し押さえられていたムーン劇場が、そのオーディションを見ていたおばあちゃんが買い取り、ムーン劇場はみごと復活を果たします。

映画シングSINGの私の総合評価

今回のシングですが得点にすると、100点満点で80点です。

ストリーも非常に分かりやすく全体を通して非常に楽しく鑑賞できました!!

動物たちの性格、背景の悩み、思いが忠実でリアルだったこと、とにかく出てくるキャラクタがどれもかわいいなっという点、面白いっという点どちらも兼ね備えていたところです。

惜しかった点は、洋楽を日本語で歌ってしまい雰囲気が台無しになっていたところぐらいですね。

何と言っても、聞いたことがあるヒット曲を使用したシーンが多いためノリノリで2時間あっという間でした。


PAGE TOP