スポンサーリンク

映画モアナと伝説の海の感想:全国のおばあちゃんっ子必見! あたたかい愛に涙

2017年3月10日に公開されたばかりのディズニーのアニメ映画「モアナと伝説の海」を先日鑑賞してきたので感想を書いていきたいと思います。

事前情報から期待度も高いディズニー映画だけあり、とにかく心あたたまるとても素晴らしいディズニー作品だったと思います。

※以下の当記事には映画の内容のネタバレになる内容が含まれています。まだ映画を鑑賞していない方、これから映画を楽しみにされている方はご遠慮ください。また、感想の内容に関しては個人の見解になるのでご了承ください。

映画モアナと伝説の海のあらすじ

モアナの祖母、タラおばあちゃんが子ども達に、住んで居る島の伝説を語り継いでいるところから始まります。

モアナは幼少期から海で遊ぶことがだいすきで、父親は過去に友人を航海中の嵐で亡くしたことが切っ掛けで、モアナを海へ近付けたくはないと思っていました。

海ではなく島の暮らしこそが、生きる場所だと教えるその姿は、リトルマーメイドのトリトン王とアリエルの様にも見えました。

島で魚やココナッツが収穫されなくなってきて、タラおばあちゃんに導かれたモアナは、女神テフィティの心を盗んだマウイを探し、一緒にテフィティの心を返しに行く、というストーリーです。

公式サイト:モアナと伝説の海

 

モアナと伝説の海を観てよかったポイント

・海の映像が綺麗で、南国へ行きたくなった。
・吹替版も歌が上手くて、字幕版に劣らず楽しめる
・主題歌がリプライズで何度も流れて、感動的な曲
・タラおばあちゃんのモアナに対する愛情深さ
・海の冒険は大迫力なので劇場で鑑賞することをオススメ

アニメーションの映像美から劇中歌にいたるまですごくクオリティの高い映画です。

やはり何と言っても、この物語のヒロインのモアナが1番魅力的でした。
王道かもしれませんが、主題歌である「How Far I’ll Go」をリプライズを含め歌ってるところが、1番モアナの本音を語っているシーンでもあるので素敵でした。

色んな葛藤と闘いながらも、本心では海の向こうへ行きたい気持ちや、旅立つ時の期待と不安、そしてタラおばあちゃんや祖先の人々に背中を押されて、また立ち直って進んでいく姿に共感しました。

海の冒険映像は劇場でしか楽しめない部分なので、DVDなどを待つのもいいかもしれませんが、ぜひ劇場でこの映像美を体感してもらいたいなぁと思います。

 

映画モアナと伝説の海のラストのネタバレ。クライマックスはこうなる!!

モアナと伝説の海 ビジュアルガイド

モアナが落ち込んで挫折してしまった時、天国へ旅立ったタラおばあちゃんが、エイに生まれ変わって、モアナを優しく導く姿は、愛に溢れて何度も涙を流しました。

そして、最後の船旅のシーンでも、モアナを見守るようにエイになったおばあちゃんが一緒に航海をしているラストシーンでまた涙しました。また、テフィティが、ラスボスのマグマの大魔王テカァに姿を変えてしまっていたのが意外でした。

ちなみに、テカァの迫力は本当に恐ろしくて、大人の私が見てもトラウマになりそうなレベルでした。TVCMで見る、花びらが風に舞うシーンは、テフィティが心を取り戻した後で、大地の自然が蘇る描写が素敵でした。

 

映画モアナと伝説の海の私の総合評価(吹き替え版)

今回のモアナと伝説の海ですが得点にすると100点満点中で総合的に90点です。

字幕版をまだ観ていないので、楽しみはまだこれからのため90点とさせていただきました。本来は字幕版を観る予定でしたが、映画を観る時間のタイミングなどもあって、吹替版を観ました。

いつも字幕版を観ていて、吹替は言葉や歌詞のニュアンスが違うので、最初は正直言って吹替版にあまり期待はしていませんでしたが、(期待していなかったからなのか)予想以上に素敵で、ヒロインの吹き替えの屋比久さんの歌唱力も圧巻でした。

全編的に感動できるストリーになっているので、最近温かい心を忘れているような方にはぜひ鑑賞してもらいたい素晴らしい映画ですね。


PAGE TOP