余り年賀はがきの再利用方法!寄付や懸賞に応募もアリ

2016年7月31日

年賀状が余ってしまった。。。

でも、余ったはがきを交換するのもめんどくさいし、何か役に立つ方法がないかなぁと思う方に今回は「余ってしまった年賀はがきの有効利用方法」を紹介します。


余った年賀はがきの有効利用方法”懸賞に応募する”

2015-01-19_223707

この利用方法は多くの方が使う余り年賀はがきの再利用方法です
>>「懸賞生活さん」はがきで応募できる懸賞

コレが以外に当たったりするんですよ♪

昔自分は余ったはがきで雑誌の懸賞に応募したところ、「ゲーム機」が当選してはがき代以上にお得になったこともありました!!

 

懸賞当選のコツは??

雑誌などの懸賞に当たりやすくする方法は

「はがきの淵にマーカーを付けて目立たせたり」

「感想などを書いて懸賞担当者にアピール」

など様々な方法を思考錯誤しながらいろんな方が試してるのですが、やはり一番は

「懸賞に数を応募する事」が一番強いそうです!

宝くじではないですが、「応募しないと当たらない」という精神でとにかく数を打てばあたる可能性が出てくるということです。懸賞ははがきが必要なので、年賀はがきの利用方法としては利用価値が高いのではないでしょうか??

 

年賀はがきを寄付して誰かの役に立てる!!

未投函の郵政(官製)葉書や書き存じはがき、年賀はがきなどを寄付するこも可能なんです。使用例としてははがき10枚(400円)でバングラデシュの子供が1授業受けることができます。

寄付団体は様々ですがこの記事の参考にしたリンクを張っておきます。
ステナイ生活

こういった誰かの助けになる方法も気持ちがいい有効利用方法ですね^^

 

余ったはがきは有効利用でお得に使いましょう!!

余ってしまった年賀はがきは1枚5円の手数料で交換してもらうことも可能です。
>>詳しくはこちらの記事でも

懸賞に応募するもよし、寄付して誰かに使って貰うのも良しなので、なるべく無駄にならないような使い方で上手に有効利用しましょう。